特徴

傾向分析機能

  • 管理者は各作業者が入力した修正履歴を基に傾向分析を行います。欠陥単位、部位単位、時間単位等でグラフ表示させ、視覚的に傾向を把握出来ます。
product_img06-1
product_img06-2
product_img06-3

 

ロードマップ

STEP1:情報入力

  1. タブレットから情報入力
  2. 不具合、修正履歴を音声入力
  3. 履歴収集端末にデータ保存
product_img08

STEP:2傾向分析機能

部品別、日付、測定項目等で傾向分析を実施。

product_img06
product_img07

STEP3:履歴検索機能

車体番号を入力し履歴情報出力

STEP4:情報出力機能

  1. 不具合発生工程に検査結果を表示
  2. 要因解析(不具合原因)
  3. 生産監視
product_img06-5

STEP5:設備制御盤

  • ロボットNo.
  • 日時
  • 稼働状況
  • 測定値 etc

STEP6:予防保守(保全向け)

  • 稼動状況を分析し故障予知
  • 各装置、各工程で取得したデータを傾向分析

導入事例

  • 大手自動車メーカー様の検査工程でのトレーサビリティ
  • 大手製造業様の組立ラインでのトレーサビリティ
  • 大手製造業様の設備稼働状況のトレーサビリティ
この製品について問い合わせる